読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

当時はまだ厚生労働大臣の許認可を得ていない医薬品だったので

バイアグラの誤った使われ方について

1998年に世界で初めてアメリカで発売された当初には「夢の薬」ともてはやされ瞬く間に大人気となりました。

その評判はすぐに日本にも伝わり、当時はまだ厚生労働大臣の許認可を得ていない医薬品だったので、国内の医療機関での取り扱いはできない状態でした。

したがって個人輸入で入手するしか手立てはなく、その際に医師あるいは専門家から用法や使用禁忌などのきちんとした説明もないままに用法用量を守らずに服用していた人が後を絶たず、惚れ 香水硝酸剤(心臓病の治療薬の一種)との併用で重篤な副作用を招くなどの事例が多発し、中には心肺停止にいたるケースもありました。
(もちろん当時は能書も英語だけでした)

こうした健康被害が多発した事態を受け、日本でも早急にバイアグラの製造販売を承認する必要性に迫られたのです。

その結果承認申請からわずか半年間という異例のスピードで承認されるに至りました。

ただし、効能がED治療、改善ということで「セックスドラッグ」としての誤った認識は今でも残っていて個人輸入やアダルトショップで違法品を購入するという例も少なくありません。ed治療薬黒蟻王激安販売の個人購入サイトです

バイアグラはあくまでも「ED治療用の医療用医薬品」です。

「医療用医薬品」とは医療機関調剤薬局でのみ取り扱いが可能で、入手するには医師が発行する処方箋が必要です。

個人輸入で入手するのは違法とは言えませんが、まがい物や粗悪品をつかまされる危険性もあり深刻な健康被害を被る可能性もあります。

そして万が一健康被害が発生したとしても、海外のブローカーや販売店を日本の法律で裁くことはできないので泣き寝入りとなるリスクが高く決してお勧めはできません。

必ず正規に認められた方法で購入するように心がけてください。
バイアグラの成分

バイアグラに含まれている有効成分は「シルデナフィル」と言います。

この成分には血管を拡張させる作用があり、血流障害が原因で起こるとされているEDの治療改善に効果があるとされているのです。威哥王は業界最安値で大好評中

そして現在バイアグラは「シルデナフィル」の配合量によって「25mg」と「50mg」の二種類のみ日本での販売許可が下りています。

*ちなみにバイアグラ50mgの場合、配合されている成分名はシルデナフィルクエン酸塩と言いこの成分自体は75mg含有されていますが、これは“シルデナフィルを含んだ化合物”という意味であり、シルデナフィルクエン酸塩75mg中にシルデナフィルが50mg含まれているという解釈になります。

前述した通り、シルデナフィルには高血圧症(特に肺動脈性肺高血圧症という重症度の高い高血圧性疾患)の治療薬として今でも流通しています。

この場合の薬品名は「レバチオ」になります。

レバチオにはシルデナフィルが20mg含まれて、バイアグラ25mgよりも低い含有量ですのでこのことからもシルデナフィルには強力な血管拡張作用があるということがわかります。

(ただしレバチオは1日3回服用する薬です。

したがって、1日の成分摂取量はバイアグラよりも多くなります)

バイアグラはED(勃起障害)の治療薬として日本初めて許認可されました。

バイアグラはED(勃起障害)の治療薬として日本初めて許認可されました。

しかし、この薬は元はといえば高血圧の治療薬として開発されたもので、治験中に服用している男性からED改善の効果があるというデーターを得てED治療薬になったという経緯を持つ薬です。

1998年に世界で初めてアメリカでED治療薬として認められて以来今でも一番人気がある薬です。

形状は青い色をした菱形ですが中身は白いタブレットで、ed治療薬黒蟻王個人輸入正規品通販取扱 開発・発売元はアメリカに本社をもつファイザー製薬です。

近年ではバイアグラジェネリックも認められ日本でも入手することが出来るようになったので今後ますます需要が伸びることが予想されます。
EDとは

EDとは「勃起機能の低下」という意味の英語「Erectile Dysfunction」の頭文字で日本語では「勃起障害」と訳されます。

語感から受ける印象では完全に勃起できない状態だと思われがちですそれは誤解です。威哥王の正規品通販保証

勃起障害と呼ばれる症状には以下のような症状があります。

    完全に勃起しない状態(インポテンツ)
    ある程度勃起するものの十分な硬さがない状態
    勃起はするが途中で萎えてしまう状態(中折れ)
    勃起はするが行為前に萎えてしまう状態

です。

惚れ 香水医学的には「性行為に支障をきたすあるいは満足な性行為ができない程度」の勃起不全を「ED」と定義付けています。

したがって上記のような症状に心当たりがある人はEDの疑いがあるので一度泌尿器科もしくは精神科(精神的なストレスに心当たりがある場合)に相談してみると良いでしょう。